グリーンインフラ総研とは

日本版「グリーンインフラ」先端技術、トレンド情報の専門サイトです。

グリーンインフラ総研とは

『グリーンインフラ』とは、緑を表す Green と社会基盤を表す Infrastructure を組み合わせた造語です。2015年8月に閣議決定した国土形成計画に「グリーンインフラ」が盛り込まれたことから、これからの日本における都市開発や社会基盤整備の1つの手法として最近注目されています。

これまで「緑/グリーン」の役割は、美しい・癒されるといった感覚的な捉え方が一般的でした。そこから一歩進めて、グリーンそのものが明確な機能をもっていて、最終的にそれが価値として評価できること重要であると私たちは考えています。

例:機能を持つ緑/グリーンインフラの技術例

歩道・植栽空間で「豪雨対策」と冷える街づくり
〜 貯水・耐圧機能を有し、健全な樹木が大気を冷却する「礫間貯留浸透技術」 〜

再生砕石も新技術で根が健全に生育します グラウンドの下も雨水貯留浸透空間に

(1)雨水を貯留浸透できるだけでなく、(2)表層を歩道や外構として利用できる耐圧性能を保持し、(3)植物や樹木の根を誘引して生育を支え、同時に蒸発散作用を通して大気を冷却することが可能な 日本版グリーンインフラ技術(J・ミックス工法ならびにグリーンアクアミックス工法)です。

雨水貯留を兼ねた基盤に伸入した根は 滞留水を吸い上げ、その水は葉から蒸散します。1gの水が蒸散するときに 530cal の熱量を奪い、緑の木陰と合わせて周囲を冷やします。

また保水性ブロックの併用で、下層の水分を吸い上げ、舗装表面を冷やして街を涼しくできます。ハロゲンライトを用いた舗装表面温度の低減効果を社内の研究所にて測定したところ、「一般的な砕石の利用」と比べて最大で 9.8℃ の差が出ていました。

世界中で災害頻度が増えており、世界全体で環境対策を実践していくことが大事な時代に入りました。その中でグリーンインフラは、アメリカの環境先進都市「ポートランド」やシアトル、ニューヨークなど、欧米を中心に普及してきた概念です。しかし実際に日本に定着するには、多くのハードルを越えなければなりません。

そこで私どもでは、自然のチカラを街づくりに活用する「グリーンインフラ」について、国内外の先端モデル事例の調査や新技術の開発、また出版・講演会等により普及啓蒙活動を実践する『グリーンインフラ総研』を設立することにいたしました。ゲリラ豪雨対策に繋がる「都会型グリーンインフラ」の最新技術トレンドを積極的にご報告していきたいと考えています。

グリーンインフラ総研 代表 木田 幸男

木田 幸男(きだゆきお)プロフィール

1949年大阪府生まれ
現:一般社団法人グリーンインフラ総研 代表理事
株式会社東邦レオホールディングス専務取締役
金沢大学大学院自然科学研究科修了、理学博士
日本緑化工学会副会長、元日本樹木医会副会長
技術士(都市および地方計画)、樹木医(登録第26号)

1974年、東邦レオ株式会社入社、緑化関連事業部創設。土壌・緑化技術の研究および緑化資材の開発を主業務とし、日本造園学会、日本緑化工学会等を通じて官・学・民における緑化技術を推進。
2018年、一般社団法人グリーンインフラ総研を設立、グリーンインフラ技術の開発、国内定着を目指し活動中。

共著書として、「決定版グリーンインフラ」日経BP社(2017)、「土の環境圏」 フジ・テクノシステム (1997)、
「緑を創る植栽基盤」 ソフトサイエンス社(1998) 「農業技術大系」農文協(2000)他。