一般社団法人グリーンインフラ総研 活動実績

日本版「グリーンインフラ」先端技術、トレンド情報の専門サイトです。

一般社団法人グリーンインフラ総研 活動実績

2019年(令和元年)7月~11月

国土交通省が設置する、芝生地の持つ可能性(チカラ)とその整備・管理のあり方を整理するための有識者からなる「芝生懇談会」(年内4回開催)に、代表理事 木田が委員として参加。

第1回 7月12日(金)
代表理事 木田が委員として話題提供1で発表した内容
 http://www.mlit.go.jp/common/001301992.pdf
第1回芝生懇談会の概要
  https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000315.html

第2回 8月16日(金)
第2回芝生懇談会の概要
 http://www.mlit.go.jp/toshi/park/toshi_parkgreen_tk_000087.html

第3回 10月31日(木)
第3回芝生懇談会の概要
 https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000332.html

第4回 11月29日(金)
第4回芝生懇談会の概要
 https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000334.html

2019年(令和元年)5月24日

建設通信新聞の環境特集2019 に、代表理事 木田のインタビュー記事
「持続可能なまちづくりへの施策展開」が掲載される。

2019年(令和元年)5月20日

「日中植林・植樹国際連帯事業」2019年度 中国大学生訪日団 第1陣セミナー(実施団体:公益財団法人 日中友好会館)において、代表理事 木田が「グリーンインフラと環境・防災」で登壇。

2019年(平成31年)3月28日

大阪府住宅まちづくり部発行の冊子「グリーンインフラを活かしたまちづくり事例集」に発刊協力。

2019年(平成31年)3月20日

「グレーインフラからグリーンインフラへ技術講演会」(主催:一般社団法人日本造園建設 業協会 北陸総支部、共催:一般社団法人日本造園建設業協会 富山県支部、後援:一般社団法人富山県緑化造園土木協会、一般社団法人日本造園組合連合会富山県支部)に、代表理事 木田が登壇。

2019年(平成31年)3月1日

月刊積算資料公表価格版 2019年 3月号(一般財団法人経済調査会 編集・発行)の防災減災・国土強靭化をテーマとした特集ページに代表理事 木田が「グリーンインフラによる都市の雨水対策」で寄稿。

2019年(平成31年)2月7日

シンポジウム「世田谷のグリーンインフラを考える」(世田谷区みどり政策課/世田谷みどり33協働会議 共催)に「時代はグリーンインフラへ」で代表理事 木田が登壇。

2018年(平成30年)12月8日

代表理事 木田が日本造園学会 グリーンインフラ研究推進委員会に参加。

2018年(平成30年)6~8月

代表理事 木田がニューヨーク市に約3か月間滞在。グリーンインフラの実装に関する技術と定量化を研究。

2018年(平成30年)6月

大阪八尾圃場において、本格的レインガーデンを設置。
雨水の流れの実証研究及びオーナメンタルグラスの栽培検証を始める。

2018年(平成30年)5月2日

「日本下水道新聞」の『座談会・我々は地域に何を遺すのか〜建築家・隈研吾氏らとともに下水道を考える〜』の特集記事において、代表理事 木田がパネリストとして参加。

2018年(平成30年)3月16日

グリーンインフラ総研 を一般社団法人とし活動を開始。

2017年(平成29年)10月

NHK・Eテレ「サイエンスZERO」の『異常気象に立ち向かえ 異分野からの挑戦!』の放送で、代表 木田がグリーンインフラの研究者として出演。

2017年(平成29年)9月

住宅・都市イノベーション総合展にて代表 木田が『グリーンインフラと都市防災』で登壇。

2017年(平成29年)7月

冊子「グリーンインフラの時代へ」を発行。

2017年(平成29年)7月

シンガポールのグリーンインフラ研修を実施。

2017年(平成29年)5月

ポートランド市開発局 山崎氏を顧問に迎える。

2017年(平成29年)4月

東邦レオ内でグリーンインフラ総研を設立、活動に力を入れる。

2017年(平成29年)3月

シアトル市・ポートランド市への研修旅行を企画。グリーンインフラ事情を研修。

2016年(平成28年)9月1日

「日本緑化工学会・都市緑化技術研究部会」主催のグリーンインフラ・シンポジウムで講演。

2016年(平成28年)7月25日

日経コンストラクションのグリーンインフラ特集の取材協力。

2016年(平成28年)7月20日

環境新聞にて「グリーンインフラ」の連載をスタート。
同年12月14日付まで計6回にわたり寄稿。

2016年(平成28年)7月

ポートランド市、ニューヨーク市、フィラデルフィア市への海外研修を実施。ニューヨーク市環境保護局への現地視察。グリーンインフラの要素技術を学ぶ。

2015年(平成27年)4月

東邦レオ 緑化事業部内で本格的にグリーンインフラを広める活動を始める。

2014年(平成26年)11月4日

一般社団法人グリーンインフラ総研の前身である 一般社団法人 rooftop style innovation を設立。屋上空間活用のための土壌研究を開始。

2014年(平成26年)4月

東邦レオ株式会社 緑化事業部の「大地の力を、都市の力に」をビジョンとし、グリーンインフラの方向性を打ち出す。
欧米で発案された自然環境が有する機能を、社会における様々な課題解決に活用しようとする考え方で、米国で発案されたものを日本向けに研究。

2014年(平成26年)

ポートランド市・シカゴ市内を関係企業と共に調査研究。

2012年(平成24年)

ポートランド市(オレゴン州)を中心に、グリーンインフラ事情を研究。

2010年(平成22年)

シカゴ市(イリノイ州)を中心に、グリーンインフラ事情を視察し、具体的な実装手法を研究。

2008年(平成20年)11月

ニューヨーク市(ニューヨーク州)及びその周辺の州において、グリーンインフラの概念を確立し、研究をスタート。